若き日の大失敗は今は思い出なのか?

40歳万年派遣社員の体験談


株をやり始めた若いころ。始めて買った株がいきなり下がってしまいました。一か月塩漬けにしていたら、たまたま上がって、うまれて元て7000円程度売却益を出すことができました。技術も知識もないのではっきり言って運で儲けたお金でした。本で読んだ通り四日後、売却した株によって現金化され7000円増えている事がわかりました。正直おおーと心の中で思ったものです。

株は平日に行われるために、なかなか日中働いている人からすると関わる事がないのかもしれません。米国は土曜日でもやっていますが、日本は土日は休みなので結果平日時間のある人が大抵は株をやる事になる訳です。実は当時三交替制の仕事をやっていて、必ずしもそうではありませんが、日中株の取引きが出来る立場にありました。土日休みでもないので、それなりに株の取引きが出来る事があります。

本で書いてあるような展開はほぼなく、失敗と成功を繰り返しながらの毎日でした。しかし一回失態をしてしまったことがあります。夜勤明けでザラ場の板をにらめっこしていると、眠気に襲われる事になりました。気が付くと数万円の赤字を出している。株取引として居眠りとは、自分の愚かさを痛感しました。この時に判断力がしっかりできてない状態での株取引は絶対しないという教訓を得ました。

それからしばらくやって最近ではしなくなりました。一応卒業じゃないですが、終わるまでには黒字で終わっています。実は最近口座を開設しました。平日休みの日もあるので、試しにやってみようと思っています。昔、証券口座を作るのに結構手間がかかったように思います。ところが最近の口座は簡単に作れると関心しました。しかもこの数十年で随分と手数料が安くなったと感じます。

昔ネットと窓口がまだ半々でやっていたころ、手数料が結構気になるところでした。結構何千円というところが多かったのですが、現在はジュースくらいの値段というのが驚きました。

自分のポリシーは現物取引です。信用では決してやらないというポリシーがあります。自分のお金で迷惑の掛からない程度で、株という事を通じて社会勉強ができればいいと思っています。余談ですが、よくブルームバーグを拝見しますが、今回米国の選挙にブルームバーグ氏が出るそうです。実は最近までそういう株サイトと思っていたんですが、本人の名前から来ていました。ずっと見ていてそれすら知らない私。これからもサイトによって参考にさせてもらおうと思います。