株投資の魅力と複利運用

資産を効率良く増やしたいなら、複利運用という方法もあります。利益を使ってお金を増やしていくやり方ですが、株は複利運用に向いているという声も多いです。他の投資商品と違って、株なら短期でも複利で増やせる可能性を秘めているからです。

複利の資産運用とは

資産運用を続けていると、利益が生じる事も多々あります。例えば1,000円の株券が1,800円にまで値上がりしてくれれば、800円分の利益が生じるでしょう。
上記のように800円の利益が出た時の選択肢は、2つあります。1つ目は、800円利益が出ても特に何もしない選択肢です。もう1つは、800円の利益を活用して新たな株券を買う選択肢です。
後者のように新たな券を買うと、持ち株の枚数は増えるでしょう。今まで以上に大きなお金を動かす事になるのです。それに対して前者のように何もしなければ、動かせる資産は変わりません。券の枚数は増えないので、動かせる金額も変わらないのです。
ところで「動かせる」金額が増えるということは、更に大きな利益が生じる可能性もあるでしょう。枚数が増える訳ですから、それも当然です。
前者のように枚数を増やしていくやり方は、複利運用と呼ばれます。場合によっては大きく稼げる可能性もありますし、複利で取引している方も少なくありません。

短期での複利運用も可能な株

ところで投資関連の商品も、色々と選択肢はあります。なにも株だけでなく、不動産投資や投資信託などの商品もあるでしょう。不動産の場合、家賃収入を稼ぐケースが多いです。
不動産で複利運用する事も、一応可能です。例えば4,000万円で物件が6,000万円に値上がりしてくれるなら、2,000万円分の利益になるでしょう。その2,000万円というお金を使って、更に新しい不動産物件を買ってみる方法もあるのです。上述の株のように、更に大きなお金を動かすこともできます。
しかし不動産投資には、1つ大きなデメリットがあります。値上がりするのは、少々時間がかかるのです。
そもそも2,000万円も値上がりするのは、かなり時間がかかります。数年以上経過しないと、そこまで値上がりしないケースも多いです。
しかし株の場合、かなり大きく動く傾向があります。実際デイトレードなどで取引すれば、かなり短期で大きな利益が生じる事もあるのです。という事は、株ならば短期の複利も可能でしょう。
以上の点を踏まえると、短期で効率良くお金を増やしたいなら、株式投資はおすすめです。