株式投資の証券会社の選び方

株式投資は、普通のサラリーマンや主婦であっても、資産を築くことができるのが大きな魅力ですね。 株を始めてみたいけど、損をするのが怖いとかどのようにして取引すれば良いのか分からない人もいるはず。 株初心者のために株式投資の始め方をやさしく解説します。 株の取引を始めるためには証券会社の口座を開設しなければなりません。 初心者にとっては、どの証券会社から選べば良いのが悩んでしまうかも。 証券会社は大きく分けて、「店舗証券」と「ネット証券」の二種類があります。 店舗証券は全国各地に店舗が設置されていて、主に対面で営業活動を行っているのが特徴的です。 もう一つのネット証券はオンラインでサービスを提供するのが特徴的で、インターネット環境の発達やスマホなどの普及によって市場が拡大しています。 店舗証券は、支店にスタッフがいて株を購入したい時に実際に会話のやり取りできるのが特徴的。 株価などの情報を実際に聞いて、購入の判断ができるのがメリットですね。 また、住所が変わった時などの手続きも窓口で行うことができます。 もう一つの大きな特徴は、投資セミナーが定期的に開催されていて実際に会場で市場のプロから生の話を聞けるのです。 次にネット証券は、店舗は持たないで全てのサービスをネットで完結できることが大きな特徴です。 銀行のように店舗がないので、サービス面で不安だと感じている方もおられますが、ネットの利点を生かしながら投資家へのニーズに応えています。 店舗証券とネット証券の大きな違いは、株を売買する時に発生する手数料にあります。 手数料は注文が執行された時の約定金額によって変わってきますが、店舗を持たないネット証券の方が割安になります。 ネット証券会社によっては、投資家のニーズに応えるために、二つの手数料体系を導入している会社もあります。 そして店舗証券と見劣りしないほど、投資関係の情報ツールを導入していて操作性の高さを売りにしている所も。 あなたの取引スタイルに合った証券会社を選ぶのはとて大切です。 書店に行くと、やさしい株式投資の本が売られているので口座を開設する時に参考にすると良いかもしれません。 実際に取引したい気持ちは分かりますが、イキナリ注文するのはナンセンス。 株価は企業の業績はもちろんのこと、世界の経済状況など様々な要因によって変わります。 また、季節によっても株価の高い時期と安い時期があります。 実際に取引する前に、本などを読んで予備知識をつけておくと良いでしょう。 そして証券会社主催で初心者向けにセミナーを開催しているので参考にすると良いですよ。 初心者のうちは利益を出すのは難しいですが、株も失敗を繰り返しながら上達していくのです。 証券会社によって、取引ツールや投資の情報などそれぞれ違いがありますが、自分にあった業者を検討してみてください。